SISは何のシステム?

SISとはStrategicInformationSyatemの略で、戦略情報システムのことです。企業の情報システムを競争で優位に立つために活用する企業戦略を実地、またはその企業戦略をもとに開発・導入されたシステムを指します。1985年にアメリカのコロンビア大学で提唱された企業戦略を表す用語です。経営情報システムなどを発展させた考え方から、SISを情報システムの戦略的利用を意味するStrategicusesofInformationSyatemの略とする説もあります。

SISが普及するまでの情報システム部門は間接部門の一部とみなされていました。SISが浸透し始めたアメリカなどの海外では情報戦略の担当役員であるCIOが導入されています。日本にSISが広まったのは1990年代前半頃のことです。当時の日本ではこの戦略情報システムのことを「経営戦略のマネジメント・プロセスから生まれる、自社の優位性を獲得する情報システム」と唱えた入門書が出版されるなどし、このシステムを導入することにより、企業と事業が劇的に躍進し、競合企業に打ち勝つ戦略法として流行となりました。

しかし、日本で流行した頃には従来の経営管理システムなどの戦略的側面を評価する例が多かったことと競争優位を獲得するシステムが他に登場しなかったことから「失敗だった」というマイナスな評価をされるようになったとされています。そのような評価を受けながらも、日本では様々な企業の躍進が成功例として挙げられています。SISのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.