SISの特徴や用途を詳しく解説

SISは地理情報システムの一つであり、高い汎用性を持つことが大きな特徴です。情報を電子地図に重ねるのがスタンダードな使い方ですが、データの管理や検索といった使い方もよく行われています。機能面を拡張することでアプリケーション開発も可能になるなど、制作の現場で活用されることも少なくありません。地図の仕様検討や編集を行えるのはもちろんですし、空間解析といった学術的な目的でも使用できます。

システムとしてのメリットはたくさんありますが、そのなかでも大きいのは処理が軽いことです。SISの情報はすべてデジタルであるため、必要なものを迅速に検索できます。また、部門内に散在する多様なデータを一括管理できることもと特徴です。これにより、部門ごとに発生していた管理や制作のコストを大きく減らせます。

組織ごとに適切な台帳を用意したり、それをアップデートしたりすることも容易です。SISの更新は仕組みがシンプルなので、急な変更が生じた場合も柔軟に対応できます。可視化に力が入れられており、難解な情報もグラフィックで分かりやすく表示できます。位置的な情報と売上などの情報をマッチングさせて把握するなど、使い方によってビジネスを大きく後押しすることも可能です。

高度な分析力を持っているので、マーケティングなどの材料として流用しているケースも見受けられます。このようにSISは単なる地図情報システムの範疇を超えており、ユーザーのアイデア次第で大きな価値を生み出せます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.