ロードレースで使用される補給食

自分用のロードバイクを購入して長い距離を走ることを趣味にしている人が、国内でもここ数年で増えてきています。しかし車やバイクのようにガソリンで長距離走ることが出来ない上、長距離をしっかり走り切るためにはこまめなエネルギー補給を行うことが重要です。実際にロードレースでもこの補給食は使用されており、長時間激しく走り続けると思った以上にエネルギーを消費してしまいハンガーノックと呼ばれる低血糖の状態になると走ることが出来なくなってしまいます。そのためロードレースではエネルギー切れが起こらないようにするためにも、早い段階でこまめに補給食を食べてエネルギー補給を行います。

これはロードレースだけではなく、趣味でロードバイクで走るという方も気を付けなくてはいけないポイントでもあります。ロードバイクでのエネルギー補給は食事をする方法もありますが、走る場所によってはすぐに食事が出来るお店がないことも多いので、予め複数の補給食や飲み物を用意しておくことがポイントです。ロードレースでも特に重要とされる栄養素としては、糖質と炭水化物、アミノ酸の3つであり糖質はエネルギー源となり炭水化物には糖質に食物繊維を加えています。最後のアミノ酸は筋肉や栄養素、エネルギーになるだけではなく疲労回復にも役立ちます。

補給食は主にゼリーやジェルタイプや固形タイプ、お菓子やスイーツなども選ばれます。特に固形タイプはロードバイクに乗りながらでも食べやすく、持ち運びにも便利なので多くの人が利用しています。ロードレースのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.