自転車ロードレースは駆け引きも見所

たくさんの選手が一気にスタートし、ゴールを目指す自転車ロードレースにはたくさんの見所があります。強いプレイヤーが勝つというよりも、勝った選手が強いと言われるほど戦術が大事で、下馬評はさほど問題になりません。極端な話、一番強いと言われている人でも、最初から最後まで1人で走り切るのは至難の業です。自転車のロードレースの大きな特徴が、風との戦いです。

ペダルを踏んで前に進んでいる以上、風の影響をもろに受け続けます。ロードレースは1人で走るわけではないので、前にいる選手を風よけにしていかに体力を温存できるかがカギです。ほとんどのケースでチームでレースに参加し、エースを勝たせるために他の選手は風よけとなってサポートをします。自分の目の前に選手がいるのといないのとでは、空気抵抗が4割ほども違うというデータもあります。

これが2人・3人と続くと、さらに楽に後ろの選手が走ることができるのが特徴的です。エースは常に誰かの後ろにいて体力をためておいて、ゴール前に力を発揮して勝利をもぎ取ります。それぞれに役割を持っている選手たちが機能をした時初めて、レースに勝つことができます。自チームが勝つための駆け引きも常に行われていて、わざと集団から飛び出たり、エースを誘い出すことで他のチームの選手の体力を削ることもしばしばです。

ときには声を出し、集団をコントロールするような選手もいます。それに乗るかどうかも含めて、駆け引きがあって楽しいです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.